ストレッチファイバー(土木工事用シート状ネット)

  ■ カタログの閲覧ページは[こちら]

ストレッチファイバー   

【ストレッチファイバー】 は
高強度ポリエチレンを素材とした適度な目合いをもたせたネット型シートです。
軟弱道路、道路造成などの支持力補強・不等沈下防止や飛砂防止工用ネット、法面補強材などに使用できます。

特 長


1.高強度の多様な規格

ストレッチファイバーは29.4〜49.0kN/mの各規格を用意しており、陸上・港湾分野の軟弱盤表層処理工法以外においても、
多種多様な分野へ対応します。


2.大きなせん断抵抗

適度な網目構造のため土との摩擦抵抗に優れています。土とのインターロッキング効果によってせん断抵抗が増し、
荷重分散の効果を発揮します。


3.高い剛性

敷設作業時において剛性がないと、地盤の不陸によって、、現場におけるネットとネットの接続精度が悪くなります。
ストレッチファイバーは剛性が大きいので敷設精度も良好で、超軟弱地盤上でも敷設時の作業員の歩行・作業が容易になります。


4.軽量

軟弱地盤埋立覆土工の初期においては機械類の使用は不可能ですので、人力による作業となります。
ストレッチファイバーは軽量なので、敷設のための搬入・展張・接続作業などが容易です。
また、織布・不織布と違って水を吸収せず、風の抵抗も少ないので、作業のスピード・安全性が向上します。


5.優れた耐久性

高強度ポリエチレンを使用しているので、耐候性・耐薬品性に優れています。

規 格


  #4016 #4016BG #5016 #4040
タテ ヨコ タテ ヨコ タテ ヨコ タテ ヨコ
引張強度 (kN⁄5cm) 1.47以上 1.47以上 1.47以上 1.47以上 1.96以上 1.96以上 2.45以上 2.45以上
伸度 (%) 22以下 18以下 22以下 18以下 28以下 18以下 24以下 18以下
目巾 (mm) 1.5程度 1.5程度 1.5程度 1.5程度 1.2程度 1.2程度 4.0程度 4.0程度
重量 (g⁄m2 130以上 130以上 150以上 170以上
ブラック グリーン ブラック ブラック

用 途


超軟弱地盤埋立覆土工/仮設・進入道路造成覆土工/土層分離工/飛砂防止/ 防塵ネット/その他

使用例


 ● 軟弱地盤表装安定工法
ストレッチファイバー使用例01
 ● 飛砂防止工法
ストレッチファイバー使用例02

お問い合わせ先


  お近くの支店・営業所までお問い合わせください。

   ■ 東京支店 (03)6716-0888  ■ 札幌支店 (011)807-0011  ■ 仙台支店 (022)267-5091
   ■ 大阪支店 (06)6543-2525  ■ 福岡支店 (092)957-0303