キャッピングシート

  ■ カタログの閲覧ページは[こちら]

キャッピングシート    

【キャッピングシート】 は、 災害廃棄物や産業廃棄物を覆うための特殊遮水シートです。雨水を完全遮水することで、地下水への汚染を最小限に防ぎます。
耐久性が高いので長期間の使用が可能。使用後もリサイクルできる素材を採用し、環境に配慮した製品です。

特 長


1.雨水を防ぐ耐水性

200cmAq(水柱センチメートル)以上の耐水性があり、降雨・降雪に強く、完全遮水を実現します。
地下水への汚染や微生物の発生を防ぎます。


2.長期間使用可能な耐久性

5年後の残存強度は80パーセント以上。特殊配合されたコーティング処理で耐久性を高めています。


3.高い引き裂き強度

強風や積雪などの荷重にも耐える強度を備えています。


4.環境に配慮した素材を使用

使用後もリサイクルできる素材を採用し、環境に配慮した素材を使用。

規 格


材質 項目 環境配慮型膜材 ( ECO4R )
ポリエチレン
構 成 ポリエチレンラミネートポリエチレン繊維布
強度(N/5cm) 縦糸方向1900/横糸方向1500
重量(g/m2 330
厚さ(mm) 0.5
耐 久 性 5年〜7年(サンシャインウェザオメーターからの想定)
ポリプロピレン
構 成 ポリプロピレン繊維不織布
強度(N/5cm) 縦糸方向130/横糸方向110
重量(g/m2 140
厚さ(mm) 1.5〜2.0

 ポリエチレンシート物性データ (実測値)

引張強さ
 (N/5cm)
2040
1630
引張伸度
 (%)
16
16
引張強さ
 (N)
516
490
耐水圧 (cm) 200以上
透湿度 (g/m2・24h) 3.3

 環境配慮型膜材(ECO4R) 5年経過後の残存率

項目 糸方向 残存率
引張強度 93.1%
98.6%
破断伸度
(破断伸度については変化率を示す)
87.6%
84.8%
引裂強度 98.8%
86.3%

設計技術


複雑で広範囲にわたる現場の施工には、細やかで的確な設計が必要とされます。
独自の技術で二次元の等高線データを三次元曲面に変換し、曲面データを作成します。

2次元データから3次元データへ

施工手順


1.配置

2.開梱

3.敷設

施工手順 配置 施工手順 開梱 施工手順 敷設
敷設を実施する前に地形を検討し、
工場から出荷された製品を配置する。
製品を開梱し、敷設の準備に入る。 畳まれた状態のキャッピングシートを
上部から下部へ向けて敷設。

4.杭打設

5.現場溶着

6.完成

施工手順 杭打設 施工手順 現場溶着 施工手順 完成
シートの周縁に1m間隔でアオリ止めの
杭を打設する。
陥没防止用のシートをつめたあと、
ジョイント部止水シートを溶着する。

お問い合わせ先


   ■ 東京支店  (03)6716-0888