スノーシート(雪氷エネルギー雪山保管シート)
スノーシート図    

【スノーシート(雪氷エネルギー雪山保管シート)】 は
スノーマウンド(雪山)式で冷熱エネルギーを供給するための雪・氷を保管する専用シートです。
冷熱エネルギーは冬に貯蓄した雪が夏に冷水に変わる際に得ることができ、
農作物の冷蔵や、事務所・工場などの冷房に利用されています。


■ スノーマウンド(雪山)式エネルギープラントの詳細は[こちら]

特 長


1.抜群の断熱性能

ポリエチレン繊維をPEフィルムでコーティングした「ECO4R-SS」を使用。
ホワイト/シルバーのリバーシブルで、純白に近い表面のホワイトは太陽光線を80%以上反射させ、日射吸収率を極限まで低減します。
裏面のシルバーは透光率ゼロの完全遮光膜で紫外線と赤外線を遮断させ、侵入熱を抑えてシナジー効果を発揮します。
またPE単一素材で可塑材を未使用のため、表面汚染が起きにくく、高い反射率が維持できます。 (表1)


2.タフな耐久性能

断熱層の保護に「ECO4R」 を使用。高い耐水圧・引裂強度を持ちながら、コストは約1/2。
UVフィルム複層コートで紫外線劣化を防ぎ、5年後の残存強度は縦・横方向ともに80%以上の高い耐久性を備えています。(表2)


3.廃棄物ゼロ&再資源化

「ECO4R-SS」は「脱塩ビ」「再資源化」「高強度」「ローコスト」を実現したオレフィン系土木シート(環境配慮型膜材)です。
廃棄時もグループ会社小川テックの再処理施設で樹脂ペレットに再生することができます。(※広域認定制度を取得済)
周辺部品ウエイトホースも「ECO4R-SS」で製作しています。


4.簡便にできる敷設

折りたたみ構造と軽量シートのため人力で運搬と敷設が行え、施工と維持コストが削減できます。
遮水接合方式により、風雨の熱損を防ぎます。


ECO4R-SS図    

現場施工例 


 新千歳空港雪冷熱供給事業
新千歳空港
   

(1) 地域特性を活かした「地産型」新エネルギー利用の省エネエアポート
(2) 貯雪量120,000〜240,000m3の世界最大級の貯雪量
(3) 雪山の長期間保存を可能とした高性能断熱シートの開発・導入
(4) 集雪管理により、融雪水流出による周辺水系へのBOD影響の緩和(外気上昇後に周辺水域に放流する)
(5) 空調への雪冷熱利用で、CO2の発生を1,050t-CO2/年(〜2,100t-CO2/年)削減



お問い合わせ先


  お近くの支店・営業所までお問い合わせください。

   ■ 東京支店 (03)6716-0888  ■ 札幌支店 (011)807-0011