ふわふわドーム

 全国各地の公園・幼稚園・遊園地・テーマパークで大人気の空気膜遊具


フワフワドームは膜状のバルーンを膨らませて形成する空気膜構造遊具です。

多摩美術大学の高橋史郎教授が考案し、高野ランドスケー プ・プランニング(株)高野文彰氏のもとで完成しました。製品化以来、全国各地の公園で人気を博しています。

特 長


1.耐摩耗性が高いキャンバスを使用しています。

2.さまざまな遊び方が楽しめます。

3.エアー構造なので高い安全性があります。

4.敷地の環境に合わせて自由設計できます。

5.他の遊具との併用設置が可能です。

構 造



 

  送風管を通して内膜に空気を送り、外膜に張力が与え、なだらかな曲面を保持する二重構造。
  内膜:空気の圧力に加圧され、外膜の形状を保持する膜材。クッション性を生みだす。
  外膜:内膜により保持され、広い範囲で直接遊ぶための膜材。内膜の保護も兼ねる。
  送風・放風ダクト:ドーム内に空気を送り込み、一定に加圧。余分な空気を排出。

関連商品



フワフワドームの敷地に人工芝「ハローネターフ®」の併設も
おすすめしています。

1.景観が向上します。

2.転倒時の衝撃が小さくなります。

3.気温の上昇を抑制します。

4.水はけが良いので敷地整備の負担が減少します。

 

お問い合わせ先


  環境施設部 TEL : (03)6716-0885 FAX : (03)6716-0826