施工方法

1.材料搬入

  

■ 人工芝

■ ジョイントテープ

■ 接着剤

■ 目砂

2.下地の不陸修正

  

■ 左官工事を使用し、専用修正剤にて、下地を仕上げます。

3.清掃

  

■ 土砂あるいは、コンクリート片、突起物、塵などをホウキ・ブロアーを用いて清掃します。

4.墨出し

  

■ センターガイドを基準にして、下地表面に人工芝
  割り付け用の墨出しをします。

5.人工芝仮敷き・カット

  

■ 人工芝をコート全体に仮敷きし、巻きシワなどを
  延ばします。

  1)展開時、芝の目が通っているか確認します。
  2)芝目方向を揃えます。
  3)色合いムラ、スジ立ちなど確認します。
  4)人工芝端部を合わせながら正確にカットします。

 

6.ジョイントテープの敷込み

  

■ 人工芝の合わせ目にジョイントテープの芯が合うようにジョイントテープを敷き込みます。

7.人工芝の接着

  

■ 人工芝をめくり、ジョイントテープにくし目コテで
  接着剤をならします。

■ 接着剤に必要なオープンタイムをとり、人工芝の
  目合わせをしながら接着します。

■ その後、転写ローラにて圧着します。

8.接着部分の点検

  

■ 人工芝の接着部分のジョイント部分の芝のほつれや接着不足の点検を行います。

 

9.目砂の散布・調整

  

■ 目砂散布機(サンドスプレッター)にて珪砂を散布し、
  ブラシを使用して充墳します。

■ 調整にバギーでブラシを当て、均一に仕上げます。

10.点検・清掃

  

■ 不陸の調整完了後、コートの各寸法・細部の納まり・ジョイント部分の点検を行います。

■ 最後に全体の清掃を行います。

※ 接着剤の固化期間を必要とするので、2日間の養生期間が必要です。

お問い合わせ先


  環境施設部 TEL : (03)6716-0885 FAX : (03)6716-0826